ごあいさつ

1953年(昭和28年)に現院長の祖父・昇が、山口市下竪小路22番地に犬・猫専門動物病院を開業しました。当時、犬や猫を飼っている人、あるいは飼っていても治療を受ける人はとても少ない時代でした。
それから60年以上がたち、今では、犬や猫たちも家族の一員として、人の生活に欠かせない大切な存在になっています。
また、獣医療も目覚しい進歩をとげ、さまざまな病気に対する治療ができるようになりました。私どもも2005年に現在の場所に病院を移転・拡張し、より充実した治療に取り組んでいます。
今後も皆様のニーズにあった医療を提供できるよう、努力してまいりたいとおもっております。
診療方針

~インフォームドコンセントを大切に~

インフォームドコンセントとは日本語にすると「説明と同意」という意味です。私達は飼い主さんの理解と同意があってはじめてよい治療ができると考えています。
わからないこと、心配なことがあれば、どんな些細なことでもスタッフにお尋ねください。できる限りの説明をしていきたいと思っています。


~ホームドクターとして~

近年、獣医療の進歩とともに犬や猫の寿命もどんどん延びてきました。それに伴い、生活習慣病やがん、循環器疾患や認知症など様々な病気が増えてきています。私達は、どんな時も気軽に相談できる、そんな“地域のかかりつけ医”をめざしています。また、高度医療が必要な場合は、大学病院などの2次診療施設への紹介も行っています。紹介後も、日常の治療やケアは当院で行うなど、連携をとりながら治療をすすめるようにしています。
大切な家族の一員として、一日も長く、楽しく過ごせるお手伝いができればと思っています。


〜予防医療に力を入れています〜

犬や猫は自分で話すことができません。病気にさせない、または病気を重くさせないためにも、予防医療はとても大切だと考えています。
 予防接種、フィラリア予防、健康診断、日ごろのお手入れやケア、子犬・子猫の飼い方から高齢犬猫の介護まで、犬・猫に関することならなんでもお気軽にご相談ください。


〒753-0034
山口県山口市下竪小路270-1
お問い合わせ
TEL 083-922-1650
ご相談をお気軽にお電話ください。
(C)2013 FUKUDA DOG&CAT FOSPITAL